コワーキング東京とは

当サイトは東京のコワーキングスペース、シェアオフィスの「デザイン」と「人」を紹介しています。
 
私はSOHO東京というサイトでITベンチャー、クリエイター向けにデザイナーズオフィスをご紹介しています。自分自身の起業時の経験からスモールオフィスとSOHO(住居兼事務所)のニーズがあるという仮説の元、周囲へのヒアリングによって確信を得てスタートしました。
 
SOHOワーカーへのヒアリング対象は少なかったものの、自宅と事務所をそれぞれ借りるよりも合理的で起業家にマッチすると思っていました。しかしスタートしてみると、問い合わせの殆どが2名以上のITベンチャーとクリエイターのオフィスニーズで、住居兼事務所、いわゆるSOHOワーカーとしての問い合わせは10%以下という結果でした。
これは3年以上経過した現在も変わりません。
 
昨年からコワーキングスペースという言葉を耳にする機会が増え、東京でも新たなコワーキングスペースが多く生まれ、メディアでも取り上げられています。SOHO東京の運営チームにも、コワーキングスペースの問い合わせが舞い込むようになりました。
 
コワーキングとは、オフィススペースを共有しながらも独立した仕事を行う、共働するワークスタイルです。
 
コワーキングスペースとは、そのスペースを意味して、起業家、フリーランサーや、SOHOワーカーの多くが利用しています。 従来のレンタルオフィスと違うところは、レンタルオフィスが、ブースやパーテーションに区切られているのに対し、フリーアドレスのデスクや、オープンなカフェのような空間デザインを採用しているところが多く、価値観の共有やコミュニティを重視しているのがコワーキングスペースの特徴です。また、イベントが多く開催され、ビジネス上の繋がりが生まれる工夫が成されている事も特徴の一つです。
 
東京でもデザイン性の高いコワーキングスペースで生まれたアイデアが、ビジネスとして成立していくのは間違いないと考えています。既にそうしたビジネスも多数あるのかも知れません。
 
ワークスペースであるものの、コミュニティとしての性格が強いシェアスペース。これを「デザイン」と「人」にフォーカスしてみようと考えています。
 
 
コワーキングスペース東京(運営:株式会社トランスリアル)
長谷川 正憲
 

コメント

Coworking Space

COOK&Coの外観
COOK&Co(CLUB MEMBER(フリーアドレス))
状況: 募集中
プラン: CLUB MEMBER(フリーアドレス)
価格: 5,300円
利用時間: 24時間
みどり荘(Free Address)
状況: 募集中
プラン: Free Address
価格: 35,000円
利用時間: 24h
みどり荘(Fixed Desk)
状況: 募集中
プラン: Fixed Desk
価格: 50,000円
利用時間: 24h